ホーム > SS研についてCD-ROMホーム > SS研について

SS研について SS研紹介パンフレット

サイエンティフィック・システム研究会とは

サイエンティフィック・システム研究会(略称:SS研,英文名:The Society of Scientific Systems)は、大学、研究所などの科学技術分野のコンピュータ利用機関を主体とした研究会(任意団体)です。

学会等とは「一味違う」実践的な対話の場を作り、

  • 試験・評価などを伴う研究的活動による成果創出
  • コンピュータ利用ニーズの吸い上げ、課題解決のためのディスカッション
  • コンピュータ・サイエンスに関する技術情報の交換
を通して、会員相互の利益を図ることを目的としています。"Give and Take"をモットーに、会員が自主的・積極的に運営・活動する研究会です。

設立の経緯
昭和53年2月:大学、研究所、宇宙および原子力分野などの科学技術分野のコンピュータ利用機関を主体として、京都大学大型計算機センター 清野武センター長(当時)を代表とする発起人6名により発議。
昭和53年3月:設立総会を開催、18機関出席のもと、運営の大綱を制定し、サイエンティフィック・システム研究会(略称SS研究会)を発足。同年4月より研究会活動を開始し、現在に至る。
過去の活動一覧 ほか

活動方針と活動体制(2017年度)

 本会は、コンピュータ・サイエンスに関する会員相互の技術・情報の交換や課題解決のためのディスカッションを通じた「会員自身」のための活動とともに、産業界を含む社会との連携を強化することにより、「産業界、学界など国レベル」、「科学技術全般」の活動を行ってきた。これらの活動を、外部からの情報を積極的に活用しながら中長期的に展開し、会員の発展とともに、社会への貢献を目指してきたところである。
 このように高い視座を見据えた上で、今年度は、昨年度に引き続き、「会員自身に資する活動」を重点に実行する。

(1)会員自身に資する活動
これまで取り組み、会員から高く評価されている活動の継続発展とともに、研究や教育などの各会員機関の持つ課題や新しい領域に関する分科会テーマ設定や新しいWGの開設などにより、会員への新たな価値提供を目指す。
さらに、若手層の活動参加を促すために、若手層の意見を取り入れた新たなテーマでの活動に取り組む。
(2)産業界、学界など国レベルに資する活動
国レベルでのHPC利用環境や大学・研究所でのICT環境について、今後求められるあるべき姿を描き、その実現のための方策について継続的に議論を行う。
また、活動目的を共有できる関連団体や組織との連携を強化し、国力のアップに対して貢献していく。
(3)科学技術全般に資する活動
ICTの利活用による科学技術全般への貢献は、本会としての大きな使命であることを踏まえ、会員各機関に関連する活動領域での議論を行っていく。
また、ポストペタに関する議論を継続し、活用分野が広がっている科学技術計算領域の発展への貢献を目指す。
活動体制
活動体制

研究活動

分科会
会員相互に関心のあるテーマを取りあげ、そのテーマに関する会員の諸経験の発表、討議ならびに情報技術に関する検討/評価を通して、情報交換と問題解決を図ることを目的としている活動。毎年、2つ〜4つの分科会を、それぞれ2回程度開催する。
WG
分科会やWG、あるいは会員個人からの提案により、より深く掘り下げて検討を行う必要があるテーマについて、期間を定め限定メンバーにて研究活動を行ないます。 その成果は、プログラム、β版システム、成果報告書などとしてSS研会員に提供されます。一部のWGについては、限定メンバーだけでなく広くSS研会員に参加を呼びかけ、意見交換を行うことがあります。
タスクフォース
SS研の今後の方向性や他組織との連携、新たな活動機能など、上記活動体の枠組みを超えたテーマについて検討し、施策・検討の策定、および必要な施策を講ずることを目的に活動します。

研究会運営活動

総会
正会員で構成され、原則毎年1回開催します。事業計画・報告、予算・決算、役員の任免、会則の制定、および幹事会において必要と認めた事項についての審議を行います。総会議事の他、招待講演や特別報告等が同日実施されます。
幹事会
会長、副会長ならびに幹事により構成され、総会の議決事項の執行、会員の入退会、会の運営に関する事項、および会務の執行に関する重要事項についての審議を行います。
委員会
SS研の活動上で継続的に検討が必要な特定テーマについて活動を行います。

情報発信

Webサイト
各種活動報告、成果物などを掲載。SS研会員限定ページの閲覧はIDとパスワードが必要。
メーリングリスト
ご希望の方はメーリングリストに登録し、イベント開催案内等をタイムリーに発信。
ニュースレター
分科会の活動報告として講演資料やQ&Aを中心に編集し、Webサイトに掲載。
また、これを年度単位にCD-ROMにまとめて会員に配付。
他に、各分科会から選定された原稿等を掲載した冊子「ニュースレター選集」を総会にて配布。

事務局

事務局連絡先

SS研について

イベント情報

研究会活動

資料アーカイブ

情報発信

リンク集




鍵マークがついている情報の閲覧にはWebサイトIDが必要です。登録/変更ページへ
Webサイト閲覧時にIDが必要なページには、鍵マークが付いています(当CD-ROM内では不要)。
コンテンツの最新/詳細情報は、SS研Webサイトをご覧下さい。
All Rights Reserved, Copyright© サイエンティフィック・システム研究会 1996-2017