ホーム > イベント情報CD-ROMホーム > 合同分科会 2018年度会合 > 講演者プロフィール

[特別講演]
ウェアラブルからサイボーグへ -AI・ロボティックス・IoTの拓く未来-

講演者

lecturer
塚本 昌彦 (Tsukamoto Masahiko)
神戸大学大学院工学研究科 教授
[略歴]
  • 1987年 京都大学工学部数理工学科卒業
  • 1989年 同大学院工学研究科博士前期課程修了
  •      同年、シャープ株式会社入社
  • 1995年 大阪大学大学院工学研究科講師
  • 1996年 大阪大学大学院工学研究科助教授
  • 2002年 同大学院情報科学研究科助教授
  • 2004年 神戸大学工学部電気電子工学科教授
  • 2007年 神戸大学大学院工学研究科教授(電気電子工学専攻)現在に至る
[研究分野、研究テーマ]
ウェアラブルコンピューティング、ユビキタスコンピューティングのシステム、インタフェース、応用などに関する研究を行っている。 応用分野としては特に、エンターテインメント、健康・スポーツに力を入れている。2001年よりウェアラブルコンピューティングを生活で実践している。
[所属学会、受賞歴、著書など]
情報処理学会,電子情報通信学会,人工知能学会,日本ソフトウェア科学会,日本バーチャルリアリティ学会,ヒューマンインタフェース学会,NPO WIN(理事),NPOウェアラブルコンピュータ研究開発機構理事長、NPO日本ウェアラブルデバイスユーザー会会長, ACM,IEEE各会員など

SS研について

イベント情報

研究会活動

資料アーカイブ

情報発信

リンク集




鍵マークがついている情報の閲覧にはWebサイトIDが必要です。登録/変更ページへ
Webサイト閲覧時にIDが必要なページには、鍵マークが付いています(当CD-ROM内では不要)。
コンテンツの最新/詳細情報は、SS研Webサイトをご覧下さい。
All Rights Reserved, Copyright© サイエンティフィック・システム研究会 1996-2022