ホーム > イベント情報CD-ROMホーム > SS研システム技術分科会会合2018

印刷用ご案内
SS研システム技術分科会会合2018 [受付中]
みんなで探ろう! セキュリティ対策のおとしどころ

日時 2019年2月1日(金) 会合 13:30-17:30 / 懇親会 17:35-19:00
場所 富士通デジタル・トランスフォーメーション・センター大阪(中之島ダイビル10階 ) FUJITSU Digital Transformation Center Osakamap
※ 例年と異なり、今回は大阪開催です。ご注意下さい。
参加対象 SS研/IS研/CS研会員限定
定員 70名(予定)
参加費 フォーラム:無料 / 懇親会:\500 (当日お支払い)
参加申込み
受付中(12/14(金)〜1/25(金))

開催趣旨

 情報システムへの依存度が高まるにつれ、そのシステムを狙うサイバー攻撃からの防御、システム自身のセキュリティを維持することは非常に重要な課題となっている。現在では、それらの課題に対して技術的に取り組んでいたとしても、全てのインシデントを未然に防ぐことは困難になっている。夏のICTフォーラムでは、そういう状況でどのような規定を作っていけば良いかを議論した。
 これを踏まえて、冬の分科会会合では、具体的なセキュリティ対策の議論を行うことにした。各組織の予算や人員は異なるので、セキュリティ対策も組織によって異なるが、セキュリティ対策をどこまで行うべきかは悩みの種である。そこで、想定されるリスクを考慮しつつ、参加者の所属する組織の実情等を踏まえながら、それぞれの組織での対応の情報交換を行うことによって、参加者自身がセキュリティ対策のヒントを得られることを目標とする。
 具体的には、まず、NII-SOCSの運用から見えてくる大学におけるセキュリティの現状と課題について話題提供をいただく。その話題を踏まえながら、参加者がいくつかのグループに分かれて、グループ単位で情報交換や討論を行う。参加者が所属する組織で行なっている対策等をグループ内で紹介したり、質問することで参加者が新たな気づきを得る場とする。

プログラム(敬称略)※予告なく変更する場合がございます。予めご了承下さい。

当日は講演者プロフィールとアブストラクトなどを記載した講演紹介資料のみを配付します(予稿集は配付しません)。詳細資料が必要な方は、予め本ページからダウンロードして下さい。
13:00-受付
13:30-13:35
開催趣旨説明
佐藤 聡 (筑波大学)
13:35-14:05
講演 30分
講演
NII-SOCSの運用から浮上してきたセキュリティ対策の課題〜高度化するサイバー攻撃にどう向き合うか〜
高倉 弘喜 (国立情報学研究所)

 サイバー攻撃の手口は急速に高度化し、もはや攻撃の完全防御ではなく被害発生を想定した対策が求められるようになってきた。このような背景を受け、NIIではNII Security Operation Collaboration Services(NII-SOCS)の運用を開始した。NII-SOCSでは、日々60万件の警報と6億件のセッション情報を分析し、リスク度の高いものについて参加機関へ情報を提供している。本講演では、NII-SOCSの運用から見えてきた知見として、高等教育機関におけるサイバーセキュリティマネージメント層を含めた人材育成や組織体制の構築の現状と課題について解説する。

インシデント対応、セキュリティマネージメント層育成、NII-SOCS
14:05-15:35
グループ討論 90分
グループ討論 その1
複数のグループに分かれ、参加者全員で、
セキュリティ対策状況の共有と討論を実施
15:35-15:55 コーヒーブレイク&討論テーマ決め
15:55-17:25
グループ討論 90分
グループ討論 その2
コーヒーブレイク中に決定したテーマで、
グループ編成を変えて討論を実施。
17:25-17:30
閉会挨拶
岡村 耕二 (九州大学)
17:30-17:35 休憩
17:35-19:00
懇親会
お飲み物とおつまみの簡易パーティです。お気軽にご参加下さい。(会費 \500)

SS研について

イベント情報

研究会活動

資料アーカイブ

情報発信

声明

会員情報

事務局からのお知らせ

SNS

リンク集




鍵マークがついている情報の閲覧にはWebサイトIDが必要です。登録/変更ページへ
Webサイト閲覧時にIDが必要なページには、鍵マークが付いています(当CD-ROM内では不要)。
コンテンツの最新/詳細情報は、SS研Webサイトをご覧下さい。
All Rights Reserved, Copyright© サイエンティフィック・システム研究会 1996-2017