ホーム > イベント情報CD-ROMホーム > SS研HPCフォーラム2014 > 講演者プロフィール

[講演]
京を使った高解像度全球大気シミュレーションの成果とこれからの展望

講演者

lecturer 富田 浩文
独立行政法人 理化学研究所 計算科学研究機構
 複合系気候科学研究チーム チームリーダー

前職の海洋研究開発機構研究員時代から高解像度大気モデリングの研究を行い、全球雲解像計算を世界に先駆けて実施。2011年から現職。

[略歴]
  • 1988年 東京大学工学部航空宇宙工学科卒
  • 1999年 東京大学大学院工学系研究科航空宇宙工学科卒、学位取得
  • 1999年-2006年 海洋研究開発機構地球環境フロンティア研究センター研究員
  • 2007年-2010年 同主任研究員
  • 2011年- (独)理化学研究所 計算科学研究機構 複合系気候科学研究チーム チームリーダー
  • 2014年- 同機構 エクサスケールコンピューティング開発プロジェクト 副プロジェクトリーダー
[研究分野、研究テーマ]
  • 数値流体力学
  • 大気科学
[所属学会、受賞歴、著書など]
  • 日本気象学会 2006年学会賞受賞
  • 日本流体力学会 2005年竜門賞受賞

SS研について

イベント情報

研究会活動

資料アーカイブ

情報発信

リンク集




鍵マークがついている情報の閲覧にはWebサイトIDが必要です。登録/変更ページへ
Webサイト閲覧時にIDが必要なページには、鍵マークが付いています(当CD-ROM内では不要)。
コンテンツの最新/詳細情報は、SS研Webサイトをご覧下さい。
All Rights Reserved, Copyright© サイエンティフィック・システム研究会 1996-2022